株式投資の本質が書かれた最も重要な一枚の宝の地図

下記の『株式投資で最も重要な宝の地図』をご存知でしょうか?

 

出典:AAII Journal 「Real Returns Favor Holding Stocks」

 

株式投資の本質、いや資本主義社会において、

 

この一枚の宝の地図がすべてではないかと思えるぐらいの内容です。

 

 

こんなツイートもありました。

 

 

 

ジェレミー・シーゲル氏の著書、『株式投資』

『株式投資の未来』

バートン・マルキール氏『ウォール街のランダム•ウォーカー』

に同じような地図が書かれています。

 

 

気になる方は一度ぜひ読んでみてくだい。

 

 

 

ナビ
グラフを見た時は衝撃を受けました。もっと早く教えてほしかった

 

 

らん
学校の教科書に載せてほしいレベル。義務教育で教えるべき内容よね

 

 

 

神経内科ちゅりおさんのブログにも本地図について書かれています。

 

 

①長期投資で資産を増やしたいなら資産の大半は株式中心で運用

②資産の大半を現金保有のみは自殺行為

③株式以外の資産はリスクヘッジの一つ

 

 

✔︎本記事の結論

投資期間が長期に取れる人ほど

つまり年齢が若ければ若い人ほど

資産の大半は株式中心で運用すればいい

 

 

株式投資だけでなく資本主義社会の世の中で最も重要なことが書かれた地図だと思います。

(この事実をもっと早く知りたかった)

 

 

初心者にも操作しやすく圧倒的におすすめな楽天証券

・優良米国ファンドが購入可能

・手数料業界最安値

・楽天ポイントで投資できる

楽天証券(公式サイト)口座開設はこちら

 

✔︎口座開設に必要なもの

・顔写真付き本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

・個人番号記載書類(マイナンバーカード、個人番号通知カードなど)

・振込先金融機関口座

メールアドレス

 

最短5分で口座開設申込できます

 

SBI・V・S &P500インデックスファンドに投資できるネット証券No. 1のSBI証券

・口座開設数No. 1のネット証券

・取引手数料業界最安値

・米国株、ETF定期買付サービス

SBI証券(公式サイト)口座開設はこちら

 

 

株式投資の本質が書かれた宝の地図

出典:AAII Journal 「Real Returns Favor Holding Stocks」

 

 

この地図は1,802年〜2,013年の約200年のあいだ、アメリカにおける各クラスの資産の価値推移を表したグラフです。

 

 

らん
日本ではなくアメリカにおけるということは注意してくださいね

 

 

1,802年に各資産に1ドルずつ投資したら2,013年にどうなったかわかるグラフです。

(インフレを考慮したうえでです)

 

 

Stocks:米国株式インデックス(配当再投資)6.7%
Bonds:長期米国債 3.5%
Bills :短期米国債 2.7%
Gold   :GOLD 0.6%
Dollar :米ドル −1.4%

 

米国株式に投資したら1ドルが212年で93万倍になった

各資産を1,802年に1ドルずつ投資したら2,013年にはなんと…

 

 

約200年で米国株式は1ドルが930,550ドルになったということ。

 

 

ここでの米国株式とは米国株式インデックスで米国市場全体をさします。

 

日本では日経平均やトピックスのようなもののアメリカ版です。

 

 

Stocks:米国株式インデックス(配当再投資)930,550ドル
Bonds:長期米国債 1,505ドル
Bills :短期米国債 278ドル
Gold   :GOLD 3.21ドル
Dollar :米ドル 0.052ドル

 

 

 

ナビ
なんと1ドルが93万倍になったらしいです

 

 

 

途中、〇〇ショックや〇〇バブルを受けながら上がったり下がったりを繰り返しながらも長期的には右肩上がり。

 

 

らん
これぞまさに金融大国アメリカ

 

 

 

ただし、短期的には上がったり下がったりするので15年以内の下げ相場があることは注意が必要です。

 

 

 

20年以上の投資期間を取れるなら米国株式インデックスは過去一度もマイナスになったことがありません。

 

 

 

一方、ドル(現金)のまま保有してた場合はなんと1ドルが0.052ドルに。

 

 

らん
現金保有はマイナスになってるという悲しい事実

 

長期投資で資産を増やしたいなら株式が主力

宝の地図を見る限り、長期投資で資産を増やしたいなら株式が主力ですよね。

 

 

もちろん株式はリスクもあるし、過去こうだったからといって今後もこのようになるかは分かりません。

 

 

 

ナビ
でもアメリカにおける過去200年の歴史で株式がこれだけ成長してきたのも事実

 

 

 

債券は1,505倍になってますが、資産運用の主力はやっぱり株式。

 

 

あくまで他の各資産クラスはリスクヘッジの一つという気がします。

資産の大半を現金保有するのは自殺行為

唯一、1ドル(現金保有)が0.052ドルのマイナスになっています。

 

インフレなどを考慮すると実質目減りしています。

 

日本に住んでるとインフレを実感しにくいですが、世界的に見て円の価値は目減りしてます。

 

 

コロナ前はインバウンドで多くの外国人が日本へ来てたのは観光目的もありますが、世界的に比べて物価が安いからと言われています。

 

 

 

ナビ
円の価値が相対的に下がってるということ

 

世界的にみて日本は決して裕福な国ではなくなってるということかもしれません。

まとめ:長期で資産運用するなら株式投資が主力

出典:AAII Journal 「Real Returns Favor Holding Stocks」

 

今回は、株式投資で最も重要な宝の地図のグラフをご紹介しました。

 

①長期投資で資産を増やしたいなら資産の大半は株式中心で運用

②資産の大半を現金保有のみは自殺行為

③株式以外の資産はリスクヘッジの一つ

 

 

1,802年に各資産に1ドルずつ投資したら2,013年に各資産がいくらになったか

(インフレ考慮済み)

 

Stocks:米国株式インデックス(配当再投資)930,550ドル
Bonds:長期米国債 1,505ドル
Bills :短期米国債 278ドル
Gold   :GOLD 3.21ドル
Dollar :米ドル 0.052ドル

 

 

正直、この事実を知ってるのと知らないとでは人生大きく変わるほどの事実ですよね。

 

 

投資期間が長期に取れる人ほど

つまり年齢が若ければ若い人ほど

資産の大半は株式中心で運用すればいい

 

 

この事実は知っておいて損はないでしょう。

 

あとは米国中心の株式市場に広く分散投資し、ひたすら持ち続けていればいいことがわかりますよね。

 

 

今回ご紹介したグラフはジェレミー・シーゲル氏著書『株式投資投資の未来』の研究結果のものです。

 

 

 

 

 

より詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

あと、これは”アメリカ市場における研究結果”で日本含め他の国の研究データはありません。

 

 

らん
1,802年〜2,013年の過去200年の結果が今後も同じように続くとは限らないしね

 

ナビ
日本から海外資産への投資は為替リスクもあるのでその点は理解しておこう

 

 

投資期間を長期で取れるなら米国中心で世界的に分散投資し、ひたすらホールドしておくのが賢明ですね。

 

 

米国もしくは米国中心に世界的に分散された

・VTI(全米株式市場)

・VT(全世界株式市場)

に投資してひたすら持ち続ければ良いということですね。

 

VTI、VTは楽天証券」か「SBI証券」で購入できます。

 

 

初心者にも操作しやすく圧倒的におすすめな楽天証券

・優良米国ファンドが購入可能

・手数料業界最安値

・楽天ポイントで投資できる

楽天証券(公式サイト)口座開設はこちら

 

✔︎口座開設に必要なもの

・顔写真付き本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

・個人番号記載書類(マイナンバーカード、個人番号通知カードなど)

・振込先金融機関口座

メールアドレス

 

最短5分で口座開設申込できます

 

SBI・V・S &P500インデックスファンドに投資できるネット証券No. 1のSBI証券

・口座開設数No. 1のネット証券

・取引手数料業界最安値

・米国株、ETF定期買付サービス

SBI証券(公式サイト)口座開設はこちら


 

合わせて読みたい記事

らん つみたてNISAで投資しようと思うんだけどどこの証券会社がいいかな? よくわからないしちょっと投資も不安だし 私みたいな初心者はどこで始めたらいいんだろう?   &nbs[…]

合わせて読みたい記事

悩んでる人 証券口座開設して投資信託をつみたてNISA活用して積立したいんだよね。だけど、はじめてで、スムーズに口座開設できるか不安だから解説してほしい   こんな悩みを解決します。   投[…]

合わせて読みたい記事

  悩んでる人 米国ETFを定期的に購入したいけど方法が知りたい   悩んでる人 ETFを手動で買付するのがめんどくさい   こんな悩みを解決します。 &[…]

合わせて読みたい記事

今後、人口減少が確実な日本で経済的に豊かになるにはどうすればいいでしょうか?     日本が高度経済成長期では モノを作れば売れ 企業が儲かり 給料も増え消費活発   […]

合わせて読みたい記事

みなさん日経新聞を毎月4000円〜5000円払って読んでませんか?   毎月新聞代高くありませんか?   実は楽天証券の口座を持っていれば日経新聞を無料で読めます。   知ら[…]

合わせて読みたい記事

  悩んでる人 投資を始める前に生活防衛資金は貯めておいたほうがいいと聞くけど、いくら必要なん?500万?   悩んでる人 独身20代会社員で実家住みで貯金は100万しかないけど生活防衛資金必要? […]

合わせて読みたい記事

悩んでる人 働いても働いてもいっこうに生活がよくならないんだよね。残業や休日出勤もしてるのにほとんど給料も増えない。昇給してもスズメの涙しか給与は増えないし。マジメに働いてるけどなんでだろう?     […]

スポンサーリンク
ナビブログの最新情報をチェック‼︎