NISAとつみたてNISAどっちがいい?違いは?メリット・デメリットも解説

悩んでる人

NISAとつみたてNISAあるけど、どう違うの?それぞれの特徴やメリット・デメリットを知りたい

 

悩んでる人
これから投資を始める自分にはNISAかつみたてNISAどっちが合ってるか知りたい

こんな悩みにお答えします。

結論、初心者はつみたてNISAから始めるのがおすすめです。

①非課税期間が20年間と長期投資に向いている

②金融庁が商品厳選してくれていて初心者でも金融商品選びに失敗しにくい

③非課税期間終了時に評価損になりにくい

※本記事はNISAを否定する内容ではないのでご承知おきください。

 

ナビ
NISAとつみたてNISA結局どっちがいいか迷いますよね

NISAもつみたてNISAも非課税制度で国が用意した素晴らしい制度です。

が、なんとなく制度内容は理解したけど、実際、投資を始められない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、

・NISAとつみたてNISAの概要や違いや特徴

・NISAとつみたてNISAのメリット・デメリット

・投資初心者はつみたてNISAから始めるのがおすすめな理由

を解説します。

本記事を参考に投資目的に合った選択をできるお手伝いができれば嬉しいです。

 

☑️本記事の内容

①NISAとつみたてNISAの概要

②初心者につみたてNISAをおすすめする理由3選

☑️本記事でわかること

①NISAとつみたてNISAの違いやメリット・デメリット

②初心者はつみたてNISAを選ぶほうが最適

③つみたてNISAで買うべきおすすめのインデックスファンド

NISAとつみたてNISAの概要

通常、一般口座・特定口座で購入した株式や投資信託の利益や配当金には20 %の税金がかかります。

仮に100万で購入した投資信託が値上がりして120万円になり売却したら、

(120万ー100万)×20 %4万円税金引かれて

利益=20万ー4万円=16万円になります

NISA・つみたてNISAは購入した株式や投資信託の運用益や分配金が非課税になるという制度です。

らん
運用利益にかかる20  %の税金がかからないのはメリット大きいよね
ナビ
ただし、NISAとつみたてNISAに併用はできないので注意が必要です
併用できる・できない
⭕️一般口座+NISA
⭕️一般口座+つみたてNISA
❌NISA +つみたてNISA
らん
NISAかつみたてNISAどちらが自分に合ってるか選ばなければいけません

NISAの概要

(NISAとは)

NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度です。

例えば投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。

ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできません。

引用:金融庁ホームページ

つみたてNISAの概要

(つみたてNISA)

つみたてNISAとは、特に少額からの長期、積立、分散投資を支援するための非課税制度です。(2018年1月からスタート)

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています(対象商品についてはこちら

 

NISAとつみたてNISA比較

一般口座・特定口座 NISA つみたてNISA
運用できる商品 制限なし 株・投資信託・ETF・REIT(不動産投資信託)など 金融庁が認めた長期・積立・分散投資向けの一部の投資信託とETF
運用利益に対する税金 20 % 非課税 非課税
年間の投資上限額 上限なし 年間120万円(5年間で最大600万円)※2,024年に改正 年間40万円(20年間で最大800万円)
運用できる期間 制限なし 最大5年 最大20年
損益通算&損失繰越  できる できない できない
買い方 一括、つみたて方式 一括、つみたて方式 つみたて方式のみ
どんな人向き?   短中期運用志向 コツコツ長期運用志向

※ETFとは:上場してる投資信託のこと

 

 

☑️NISAの特徴やメリット・デメリット

①投資商品が幅広い
②つみたてNISAに比べ非課税期間が短い
③幅広い商品から選んだり一括投資がしたい人向け
NISAはつみたてNISAに比べ投資できる商品が幅広いです。
株・投資信託・ETF・REITなど幅広く商品を選びたい人はNISAがおすすめです。
ただし、NISAではぼったくりと言われる商品もあります。
ナビ
どの商品がぼったくりじゃないかわからない人はつみたてNISAの方が無難かもしれません

☑️つみたてNISAの特徴やメリット・デメリット

①対象商品は手数料が低い

②頻繁に分配金が支払われない

③長期、積立、分散投資に適した商品のみに限定されていて初心者向け

金融庁が国内に約6000本ある投資信託(ETF)の中から、「長期、積立、分散投資に適した商品のみ」に厳選してくれてます(^ ^)

 

ナビ
つみたてNISAは手数料が高く長期投資に向かないボッタクリ商品は除外されています
らん
金融庁が約6,000本ある投資商品からぼったくり商品を除外してくれてるので初心者でも商品を選びやすいのがいいよね
2,017年4月元金融庁長官の森信親氏の講演「日本の資産運用業界への期待」より我々個人投資家が成功するための秘訣を紹介されているので一部紹介します。
資産運用の世界を代表する思想家であるバートン・マルキールとチャールズ・エリスは、 その共著1の中で、個人が投資で成功するための秘訣として
・ゆっくりと、しかし確実にお金を貯める秘訣は再投資(複利)にあることを認識すること、
・市場の値上がり、値下がりを気にかけず、一定額をこつこつと投資すること、
・資産タイプの分散を出来るだけ図ること、
・市場全体に投資するコストの低い「インデックスファンド」を選ぶこと、
を勧めています。
上記をまとめると、ゆっくりと確実にお金を貯める秘訣は
①再投資(複利)を理解し
②コツコツ分散投資で
③低コストのインデックスファンドに投資すること
ナビ
まさに投資の王道と言われる投資ですね

初心者につみたてNISAをおすすめする理由3選

①運用できる期間が20年と長期投資に向いている

②金融庁が商品厳選してくれていて初心者でも金融商品選びに失敗しにくい

③非課税期間終了時に評価損になりにくい

運用できる期間が20年と長期投資に向いている

つみたてNISAは運用できる期間が20年と長期になるのでコツコツ長期投資したい人に向いてます。

つみたてNISA利用しS&P500指数連動の商品に15年20年と長期投資すればほぼ負けにくいのが過去の歴史からわかります。

本ブログでもご紹介してきた、

☑️S&P500指数連動の投資信託

・イーマクシススリムS&P500

・SBI・V・S&P500

 

☑️全米株式指数に連動した投資信託

・SBI・V・全米株式インデックスファンド

・楽天全米株式インデックスファンド

これら上記の商品をつみたてNISA利用し愚直に20年以上積立すれば良い結果が得られる可能性は高いです。

ただし、20年も投資すれば必ず暴落はきます。

リーマンショックやコロナショックなどで一時的に資産が大きく目減りすることもあるので理解しておこう。

金融庁が商品厳選してくれていて初心者でも金融商品選びに失敗しにくい

つみたてNISAは『金融庁が認めた商品にのみ厳選』してくれているので失敗しにくいです。

購入時手数料や信託報酬が高く

どこに投資してるか複雑でわかりにくい

毎月分配金で元本を取り崩すだけの福利効果を得られない

ぼったくり商品を除外してくれています。

数千本ある投資商品から初心者が優良な商品を見分けるのは難しいです。

ナビ
つみたてNISAは金融庁が長期投資に向いてる商品のみに厳選されているので投資を始めるハードルを下げてくれてます
2,021年9月に日経新聞の「つみたてNISA対象投信がすベて含み益に」との記事ではつみたてNISA対象すべての投信が含み益になったと書かれています。
らん
さすが金融庁お墨付きの商品ね

非課税期間終了時に評価損になりにくい

NISA・つみたてNISAとも損益通算や損失繰越ができません。

・一般口座や特定口座で運用してる商品の利益と

・NISAやつみたてNISAで運用してる商品の損失

は合算できません。

NISAは運用期間が5年と短く現状ではロールオーバー(非課税投資枠の延長)の利用も2,023年までとなっています。

 

らん
もし非課税期間終了時に損失が出ていれば非課税の恩恵を受けられないことになります

2,019年以降NISAを利用する場合、ロールオーバーができないのもデメリットです。(2,024年以降新NISAの内容により変更となる場合があります)

 

S&P500連動のインデックスファンドへ20年投資すれば過去の実績だとマイナスになったことがありません。

いつどんな時・最悪の時に始めても

・過去一度もマイナスになったことがない

 

ナビ
つみたてNISAは運用期間が20年でS&P500に最適と言えます
らん
もちろん過去の実績がこうだっただけで未来は誰にもわかりませんが安心材料にはなるよね

まとめ:投資初心者はつみたてNISAから始めよう

NISAとつみたてNISAの概要や特徴、初心者にはNISAとつみたてNISAどちらがいいのかまとめてみました。

結論、初心者はつみたてNISAから始めるのがおすすめです。

①運用できる期間が20年と長期投資に向いている

②金融庁が商品厳選してくれていて初心者でも金融商品選びに失敗しにくい

③非課税期間終了時に評価損になりにくい

※本記事はNISAを否定する内容ではないのでご承知おきください。

 

・つみたてNISAを利用し

・金融庁が認めた長期、積立、分散投資に適したS&P500や全米株式インデックスファンドに

・コツコツ20年投資すれば

私のような初心者が手間ひまかけず確実に良い結果が得られる可能性が高いです。

 

ナビ
むしろ20年間愚直に積立を継続する方が難しいかもしれませんね
らん
20年後皆さんと笑っていられることを願います

つみたてNISAでS&P500や全米株式インデックスファンドに投資するなら、楽天証券SBI証券がおすすめです。

楽天証券、SBI証券どちらもS&P500指数連動や全米株式インデックスファンドの投資信託(ETF)へ業界最安値の手数料で投資できます。

初心者にも操作しやすく圧倒的におすすめな楽天証券

・優良米国ファンドが購入可能

・手数料業界最安値

・楽天ポイントで投資できる

楽天証券(公式サイト)口座開設はこちら

✔︎口座開設に必要なもの

・顔写真付き本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど)

・個人番号記載書類(マイナンバーカード、個人番号通知カードなど)

・振込先金融機関口座

メールアドレス

最短5分で口座開設申込できます

SBI・V・S &P500インデックスファンドに投資できるネット証券No. 1のSBI証券

・口座開設数No. 1のネット証券

・取引手数料業界最安値

・米国株、ETF定期買付サービス

SBI証券(公式サイト)口座開設はこちら

 

楽天証券で楽天カード決済で投資信託を購入すれば毎月1%の楽天ポイントがもらえます。

毎月5万円投資信託を積立すれば最大500ポイントもらえます。

もらった500ポイントでさらに投資信託を購入すると楽天市場のSPUが+1倍になります。

とてもお得なので、楽天証券と合わせて楽天カードもぜひ発行してみてください。

どちらも無料で口座開設、クレジットカード発行できます。

楽天カード決済で毎月S&P500の投資信託を積立すれば1%の楽天ポイントが還元されお得です。(最大月5万円積立の500ポイント上限)
関連記事

  らん 資産運用始めようと思ったら証券会社ありすぎてわからない   らん 自分に合った証券会社を知りたい こんな悩みを解決します。   ☑[…]

関連記事

らん つみたてNISAで投資しようと思うんだけどどこの証券会社がいいかな? よくわからないしちょっと投資も不安だし 私みたいな初心者はどこで始めたらいいんだろう?   &nbs[…]

関連記事

悩んでる人 証券口座開設して投資信託をつみたてNISA活用して積立したいんだよね。だけど、はじめてで、スムーズに口座開設できるか不安だから解説してほしい   こんな悩みを解決します。   投[…]

関連記事

  悩んでる人 米国ETFを定期的に購入したいけど方法が知りたい   悩んでる人 ETFを手動で買付するのがめんどくさい   こんな悩みを解決します。 &[…]

関連記事

  悩んでる人 セミリタイアするには最低3,000万円は必要って聞くけど、足りるかな?セミリタイア後の仕事や収入の考え方は?     悩んでる人 FIREに必要な資産が多すぎない⁈1[…]

関連記事

テレビや書籍で『FIRE』の話題を多く、見かけるようになってきました。 多くのインフルエンサーがFIREについて情報発信もされており世間の興味は高まっています。   らん FIREの認知度が上がってきて[…]

関連記事

  悩んでる人 投資を始める前に生活防衛資金は貯めておいたほうがいいと聞くけど、いくら必要なん?500万? 悩んでる人 独身20代会社員で実家住みで貯金は100万しかないけど生活防衛資金必要? 悩んで[…]

関連記事

  ジュニアニーサどこの証券会社で開設するのがいいか知りたい   子供の教育費を準備するのにジュニアニーサを活用したい   SBI証券のジュニアニーサで米国株の買付方法[…]

スポンサーリンク
ナビブログの最新情報をチェック‼︎