つみたてNISAのメリットは金融庁が優良商品のみに厳選したこと

皆さん「つみたてNISA」はされてますか?

 

金融庁:「つみたてワニーサ」について

 

つみたてNISAは”貯蓄から投資へ”の流れで金融庁が国民に資産形成を後押しする税制優遇制度です。

 

つみたてNISAの概要は以下。

金融庁:つみたてNISAの概要

 

つみたてNISAは

・最大年間40万円

・非課税期間最長20年で

・非課税投資枠は最大800万円まで

・売却益に対する利益が非課税になる

のが特徴です。

 

また、

・100円の少額から投資でき

・投資信託で積立投資に限定され

・低コストで長期資産形成に適した商品のみ

に投資可能です。

 

これから投資を始める人にとって、つみたてNISAの大きなメリットはなんでしょうか?

 

つみたてNISAの大きなメリットは『金融庁が定めた厳しい基準を満たした優良商品しか投資できないこと』だと思います。

 

 

ナビ
これから投資を始める人にとって、どの商品を選んだらいいかわからないという人は多いです

 

 

・失敗して損するのが怖い

・投資信託は商品数が多すぎて見てもどれが自分に合ってるかわからない

・投資するお金がない

 

このように投資を始める最初の一歩のハードルは大きいです。

 

らん
口座開設まではしたけど商品選択で断念して投資を始めてない人も多いのではないでしょうか

 

筆者も投資始める前は商品を見てもいまいち違いがわかりませんでした。

 

ナビ
今でこそ、優良な商品の見分け方はある程度わかりますが、最初はわかりませんよね

 

そこで本記事は、これから投資を始める人にとってのつみたてNISAのメリットについて考えてみました。

 

☑️本記事の結論

①つみたてNISAの最大のメリットは金融庁により長期の資産形成に向いている商品のみに厳選してくれていること

つみたてNISA対象商品の特徴を知れば今後の商品選択の基準になる

つみたてNISAのメリットは金融庁が優良商品のみに厳選したこと

金融庁:つみたてNISA 早わかりガイドブック

 

つみたてNISAは『金融庁が定めた厳しい基準を満たした優良商品しか投資できないこと』になっています。

 

金融庁の厳しい基準をクリアした商品しか選択できないことになっているので、ハズレ商品を掴ませられる可能性は低いです。

 

金融庁が、

・これは長期投資に向いてないと判断した商品や

・ぼったくり商品は除外し

・長期の資産形成に向いている商品だけに厳選

してくれてるからです。

 

ナビ
約6,000本ある投資信託商品の約9割は投資に値しないぼったくり商品です

 

らん
それぐらい日本の金融機関で販売されてる投資信託商品はひどい商品ばかり

 

金融庁が優良商品だけに厳選してくれてるのは、これから投資商品を選択する人にはありがたいですね。

 

つみたてNISA対象の商品から選択しておけば、ハズレ商品をつかむことはないと安心でき一歩を踏み出しやすいですよね。

 

例えば、すでにつみたてNISAで「楽天全米株式インデックスファンド」へ投資をしてる人を例に挙げてみましょう。

 

ナビ
楽天全米株式インデックスファンドへ投資した人は何か理由が合ってこの商品を選択したはずです

 

例えば

・対面証券よりネット証券のほうが手数料が安くコストを抑えられるから

・楽天証券は商品数が豊富で楽天全米株式インデックスファンドは対面証券では購入できないから

・15、20年以上の長期投資ならS&P500や全米はプラスリターンを期待できるから(負けにくいと判断したから)

 

これから投資を始める人は判断する基準すらわかりません。

 

らん
金融庁の厳しい審査をクリアした優良商品のみに厳選してくれてるのは、これから投資を始める人には大きなメリット

つみたてNISA対象商品の特徴から長期の資産形成に向いている基準を学ぼう

金融庁:つみたてNISA 早わかりガイドブック

 

つみたてNISA対象商品の特徴を知れば、少なくともハズレ商品を掴ませられることは少なくなります。

 

ナビ
投資に必ず儲かる方法はないけれど、これだけはやめておいたほうがいいことは存在します

 

 

金融庁:つみたてNISA 早わかりガイドブック

 

金融庁によると、つみたてNISAは

・長期、積立、分散投資に適した商品に限定されています

 

 

 

特徴は以下です。

①手数料が低水準(ノーロード、信託報酬は一定水準以下)

②頻繁に分配金が支払われない

③信託期間が無期限または20年以上であること

 

金融庁:つみたてNISA 早わかりガイドブック

 

 

つみたてNISAは

・低コストかつ積立で

・再投資で複利効果を最大限活かせる

・20年以上の長期投資など

初心者でも失敗しにくい制度設計になっています。

 

 

ナビ
裏を返せば、つみたてNISA対象商品の特徴と逆の商品を選ぶと負ける可能性は高くなります

 

 

今後、金融機関があの手この手で商品を開発しても自分で判断できる基準ができています。

この選択基準を自分で判断できるということが知識であり、経験になり、財産になります。

まとめ:投資の最初の一歩を踏み出せない人はつみたてNISAから始めてみよう

 

本記事では、”これから投資を始める人にとってつみたてNISAのメリット”について考えてみました。

 

✔️これから投資を始める人にとってのつみたてNISAのメリット

①金融庁により長期の資産形成に向いている商品のみに厳選してくれていること

つみたてNISA対象商品の特徴を知れば今後の商品選択の基準になる

 

つみたてNISAの大きなメリットは、

『金融庁が定めた厳しい基準を満たした優良商品しか投資できないこと』です。

 

金融庁が初心者や幅広い年代にとって利用しやすい制度がつみたてNISAです。

 

らん
勝ちにいく投資ではなく負けにくい投資を初心者でも選択できる制度設計よね

 

金融庁によると、つみたてNISAは

・長期、積立、分散投資に適した商品に限定され

・手数料が低水準(ノーロード、信託報酬は一定水準以下)

・頻繁に分配金が支払われない

・信託期間が無期限または20年以上であること

 

つみたてNISA対象商品の特徴を知れば、少なくともハズレ商品を掴ませられることは少なくなります。

 

また、つみたてNISA対象商品の特徴を知れば今後の商品選択の基準にもなります。

 

ナビ
つみたてNISAは100円からスタートできるので投資するお金がないという人でもできますよね。

 

らん
投資に興味はあるけど、どんな商品を選んだらいいかわからない人は、つみたてNISAから始めてみよう

 

せっかく投資を始めたのに、ぼったくり商品を購入し損して嫌になり投資をやめてしまうのは非常にもったいないです。

 

ナビ
投資には絶対成功する保証はないけど、大きな失敗だけは避けていきたいですね

 

おすすめの証券口座は「楽天証券」とSBI証券」です。

 

手数料が高く、ぼったくり商品が多い、銀行の窓口や対面の証券会社は行かないでください。

 

らん
必ずネット証券で口座開設してくださいね

 

ナビ
リンクから口座開設できるのでぜひ本書をきっかけに小さな一歩を踏み出しましょう

 

初心者にも操作しやすく圧倒的におすすめな楽天証券
・優良米国ファンドが購入できる
・手数料業界最安値
・楽天カード、ポイントで投資できる

最短5分で口座開設申込できます

SBI・V・S &P500インデックスファンドに投資できるネット証券No. 1のSBI証券

・口座開設数No. 1のネット証券

・取引手数料業界最安値

・米国株、ETF定期買付サービス

SBI証券(公式サイト)口座開設はこちら

関連記事

政府が「貯蓄から投資へ」という政策目標を掲げてもまだまだ投資してない人が圧倒的に多いのが日本です。 日本人にとっての投資先はまだまだ「銀行預金」なのが事実。 2,016年と少し古いですが、下記は米国と日本の家計金融資産の構成を比[…]

関連記事

「why? Japanese People‼︎」でお馴染みの、お笑いタレント厚切りジェイソン氏 。 彼が「ジェイソン流お金の増やし方」という書籍を出版しました。 [itemlink post_id="6123"] […]

関連記事

本記事は”サイドFIREしたい人がインデックス投資と高配当株投資どっちがいいか”悩んでる方への記事です。   らん 理論上はインデックス投資が最適解と言われるけど、高配当株も気になる…。インデックス投[…]

関連記事

投資を始める時は何に投資すればいいかわからないですよね。   悩んでる人 仕事や家事、育児に忙しいから投資に時間をかけれない   悩んでる人 会社の決算書とか分析とか全然わからない &n[…]

関連記事

  らん 資産運用始めようと思ったら証券会社ありすぎてわからない   らん 自分に合った証券会社を知りたい こんな悩みを解決します。   ☑[…]

関連記事

悩んでる人 楽天証券でiDeCoを始めようと思ってるけどちゃんと開設できるか不安。周りにiDeCoしてる人もいなく聞けないし 悩んでる人 会社にも伝えないといけないらしいけど、途中でわからなくなったらどうし[…]

関連記事

今後、人口減少が確実な日本で経済的に豊かになるにはどうすればいいでしょうか?     日本が高度経済成長期では モノを作れば売れ 企業が儲かり 給料も増え消費活発   […]

関連記事

  悩んでる人 30代子持ちでセミリタイアしようとしても養育費や教育費もかかるから無理だよね。DINKSならともかく、子供二人いてこれから支出も増えてくるだろうし     […]

関連記事

昨今、ブームになってるFIREやセミリタイア。   テレビやメディアでも多く取り上げられるようになり、SNSでは実際にFIREされた方を見る機会も増えました。     終身雇用[…]

関連記事

  悩んでる人 米国ETFを定期的に購入したいけど方法が知りたい   悩んでる人 ETFを手動で買付するのがめんどくさい   こんな悩みを解決します。 &[…]

関連記事

  悩んでる人 セミリタイアするには最低3,000万円は必要って聞くけど、足りるかな?セミリタイア後の仕事や収入の考え方は?     悩んでる人 FIREに必要な資産が多すぎない⁈1[…]

スポンサーリンク
ナビブログの最新情報をチェック‼︎